特定非営利活動法人浜松NPOネットワークセンター

N-pocket活動検索

キーワード一覧

2010年4月14日掲載


第2回 「こうなったらいいな」という思いを形に

041425

浜松NPOネットワークセンター(エヌポケット)は、「こうなったらいいな」という市民の願いを、事業を通して社会的な力に変えていくことを目的とした中間支援NPO(民間非営利団体)です。
 中間支援NPOは、市民団体やボランティア団体などに対して、団体設立のための相談にのったり、人材や資金調達の情報提供、事業・組織運営についてのアドバイスなどをして団体の活動が継続するよう支援します。
また、公平性を行動原理とする行政や社会的ニーズに応えようと柔軟に動くNPO、それに企業を加えた三つのセクターは、それぞれ強みも弱みもありますが、違うセクター同士が連携し、互いに弱みを補い、強みを発揮すれば、単独で行うよりもはるかに豊かで質の高い社会づくりを進めることができます。そのために中間支援NPOはそれぞれを「つなぐ」役割を果たすこともあります。
 エヌポケットは、こうした中間支援NPOとしての活動に加え、障害のある人、子ども、在住外国人など多様な人々の社会参加を進める事業もあわせて行っています。大勢だと声が大きく、社会に対する影響力も大きいのですが、障害のある人や在住外国人は少数ゆえに、「こうなったらいいな」という声が社会に届かず、孤立や排除に苦しんだり、不自由な思いをもって生活している場合が多いからです。
 みんなで幸せになるために、解決しなければいけない問題があります。当事者と一緒になって、人任せにすることなく、社会的課題に市民自ら取り組むことができる「自立した社会」になったらいいですよね。