特定非営利活動法人浜松NPOネットワークセンター

N-pocket活動検索

キーワード一覧


静岡県西部障害者パソコンボランティア特別研修2007

パソコンは、目が見えない、見えにくい、指が思うように動かない、はっきり言葉を出せない、などの不自由さを感じる人々にとって、多くのハンディキャップを超える可能性をもたらしました。 
音声ソフトや様々な入力装置によって使いやすいパソコン環境も用意することができるようになりました。当講座はこうしたパソコンを使って、障がいをもった人のための講座を開くのに必要な知識や技術を学ぶことを目的としています。

日程

日時 内容
1 7月14日(土) 1.「障がいと情報」に関わる地域の活動と視覚障害のある人の見え方
浜松NPOネットワークセンター 井ノ上 美津恵
2. みえにくい人のためのパソコン環境と関連ソフト操作法
 静岡県西部障害者マルチメディア情報センター 高畑 葉都子
浜松NPOネットワークセンター 島田 江津子
3. 視覚障害者への配慮「ITをわかりやすく説明するには」
浜松市視覚障害者福祉協会 市川 健悟
2 7月21日(土) 4. 知的障害者への配慮(自閉症)
くらしえん 鈴木 大介
5. マウスを使わないパソコン操作
しずおけパソコンボランティアねっと 平井 明樹夫
3 7月28日(土) 6. 四肢障害者のPC環境とその配慮
静岡県作業療法士会 小笠原 誠
7. おしゃべりするパソコン操作(1)
静岡県西部障害者マルチメディア情報センター 柴田 文雄
4 8月4日(土) 8. 上肢障害のある方のための入力機器と関連ソフト操作法
浜松NPOネットワークセンター 島田 江津子
9. おしゃべりするパソコン操作(2)
静岡県西部障害者マルチメディア情報センター 柴田 文雄
5 9月9日(日) 10. 視覚障害者のPC講習サポート実践
浜松市視覚障害者福祉協会パソコンクラブ (市川 健悟)

会場:浜松市ザザシティ中央館5F 西部パレット
(会議室または静岡県西部障害者マルチメディア情報センター)

  1. 上記10回の講座を受講できる方
  2. WINDOWSでワープロ、表計算、メール、インターネットの基本操作ができる方
  3. 定員10名(受講後ボランティアとして活動できる方を優先させていただきます)
  4. 受講料 無料