特定非営利活動法人浜松NPOネットワークセンター

N-pocket活動検索

キーワード一覧

2017~


遊ぶチカラは生きるチカラ!

浜松市南区の地域診断(2016年)で見えてきたのは、子どもが遊べる場、居場所が少ないこと。近所に子どもが安心して自由に遊べる場がないならば、自分たちで作ってしまおう!と、子どもの遊びや居場所づくりに関する学び+実践+仲間づくりの場をつくりました。(浜松市南区地域力向上事業 まちづくり『人財』育成プログラム)

事業一覧

■2019年度

こどもと遊び実践塾2019

2019年度も、キーワードは「感覚統合」と「リスクとハザード」。様々な感覚を整理したり、まとめたりする脳の働き(感覚統合)が繰り返し行われることで、子どもは生きるチカラを身に着けていきます。9/15~11/16まで5回シリーズの講座です。
講座の詳細、申込はこちら


■2018年度

こどもと遊ぶ実践塾2018

好評だった2017年の講座をさらに発展させて、身近な場所で、できる範囲で、遊びの実践をしてみる人を増やしたい。子どもが安心して自由にのびのびと遊べるプレーパークのような「場所」をつくる人材を、5日間の座学と実践で養成しました。

あったらいいなあ!こんな居場所を考えよう

子どもたちが近所で安心して過ごせる、居られる場所はどこ? 今、そういった場所が近所に乏しい、激減している状態な現状を知り、子どものための多様な居場所づくりをしたい人の一歩を一緒に踏み出したいと、2日間の講座を行いました。


■2017年度

遊ぶチカラは生きるチカラ2017

子育て中の人、子どもの遊びの場をつくりたい人、南区のまちづくりに関心のある人を対象に、子どもが安心して自由にのびのびと遊べる「場所」について、2日間の講座を行いました。1日目は講演「遊びが生み出すもの」と浜松市内の遊びについての実践事例を紹介、遊びの企画づくりを行い、2日目は南区役所の1階フロアと自転車置き場を使って、遊びの場づくりのお試し実践を行いました。