特定非営利活動法人浜松NPOネットワークセンター

N-pocket活動検索

キーワード一覧

2007年度


浜松市西区つなぐひと人マップ

「西区つなぐひと人マップ」は、2005年7月から新しく浜松市となった舞阪・雄踏地区及び旧浜松市間における西区民の多様なネットワークや情報交流をすすめ、元気で魅力多彩な地域づくりを活発にするために、2007年10月から半年をかけ、環境・福祉・文化・教育などのテーマで地域に根ざした活動をおこなっている個人・グループを取材し、紹介したサイトです。


志縁と地縁の活動をつないでいくために

浜松市は2005年夏に12市町村の合併により7つの区をもつ政令市となりました。2007年度よりそれぞれの区がもつようになった予算の中の一つに「地域づくり補助金事業」が新設され、上限50万の半額補助でありましたが、NPO団体がもっと地域の中で認知されるような事業をこの機会を生かして行いたいと考えました。


イメージできるように

そこで思いついたのが西区を活動拠点とする、子育てや人権、食、アート、環境などさまざまジャンルの市民活動を紹介し、新しく浜松市になった町の人々が浮かび上がるようなサイト作成でした。
最近よくある類似の団体紹介リストは連絡をとるときは便利ですが、活動目的、活動内容、といった項目が並んでいるだけでその団体の雰囲気がなかなか伝わってきません。
そこで、今回は「何かボランティア活動をしてみたい」、「社会の一員としてこの団体を支援したい」と思う人々の気持ちにもっと響くような魅力あるリストを作りたいと考え、項目も工夫してみました。
例えば、「活動目的」ではなく、「こんな課題を解決したいと思っています」という小見出しをつけたり、「出前講座」や「会員募集」など気軽に団体に声を掛けられるような情報も充実させました。


合併ゆえに

取材は、外部スタッフとともに編集会議を開きながらおよそ5か月にわたって行いましたが、口コミで紹介された活動は今まで知らなかったようなものがたくさんあり、新しく浜松市となった地域には合併ゆえに壊れそうになった「人のつながり」を踏ん張って持ちこたえようとしている人々の意志を感じる活動が多いような気がします。
例えば、舞阪には合併前に「生活改善委員会」が機能しており、町の補助金によって葬具一式を所有し、冠婚葬祭等町民生活行事の簡素化をはかる活動も行っていたものの、合併を機に補助金の扱いをめぐり、こうした活動の継続が不可能になったのが原因で委員会はなくなってしまいました。しかし、町民自らの手でなんとかこの運動を継続させたいと、町民有志が出資して舞阪葬祭有限責任事業組合を立ち上げていました。


元気が出るまちづくり

このサイトで紹介した団体同士の交流茶話会を知的障害者授産所「きらり」で行った際には、「あまりに多様な人々の存在に元気をもらった」という声を参加者からいただきました。思った以上に素晴らしいネットワークが生まれたのではないかと嬉しくなりました。尚、このサイトはN-Pocketの在宅障害者就労支援事業「ぽけっと工房」のワーカーさん達が作り上げたものです。ぜひ、サイトをご覧ください。