特定非営利活動法人浜松NPOネットワークセンター

N-pocket活動検索

キーワード一覧

2016年度~


万斛公園市民協働支援事業

門構え

東区中郡町にある「万斛公園(仮称)」の予定地では、市民協働による公園づくりを推進する一環で、園内の古い建物3棟を修復して活用する方策について検討しています。
市民が運営する「交流拠点づくり委員会」で市民協働のアドバイザーとして、建物の修復を行うための資金集め、市民が主体になった維持管理や運営のしくみを構築するための支援を行っています。

計画地の概要

map

浜松市東区中郡町、中郡小学校の北側に位置する室町時代からの庄屋・旧鈴木家の約4,300坪の屋敷跡地が、2010年12月に「地域の憩いの場」として活用して欲しいという所有者の意向により、浜松市に寄付されました。
この屋敷跡地一体は、明治期には中郡村(現在の浜松市西ヶ崎町、中郡町、大瀬町)と呼ばれていた地域の中心であり、近代のそれぞれの当主は当時の村の村長を務めたり、地域の有名企業の役員を務めた地域の名士で、村の西方にあるため地域住民から「大西さん」と呼ばれ親しまれていました。
建物の周りには屋敷林や、田んぼ、堀跡があり、敷地跡の下層からは飛鳥時代からの遺構や遺物も見つかっています。
屋敷跡地の公園化にあたって、浜松市は建屋撤去の方針でしたが、平成27年度に公園づくりのワークショップを開き、母屋と他2棟は修復費やその活用を住民が担うことで存続となりました。

支援内容

2016年度

修復に必要な資金調達、多世代の市民が参加できる公園運営のしくみづくり、建物の活用方法、情報発信について、支援を行いました。

2017年度

修復に関する資金調達、維持管理体制の構築、情報発信について、支援を行いました。