特定非営利活動法人浜松NPOネットワークセンター

N-pocket活動検索

キーワード一覧

2014年度


縄文楽校 自然から学ぼう!

自然から学ぼう!古代からの知恵、田んぼ、土、火、水、生き物

バナー

三方原台地の隅で縄文楽校が借りている小さな棚田は、この周辺では開発と共に姿を消してしまった生き物たち、ホトケドジョウやタガメ、シラタマホシクサやサクラバハンノキといった希少種が生息しています。また 「キキョウの園」と呼んでいる草原には、防風林の庇陰地(ひいんち)だった土地に奇跡的と言っても良いようなカタチで自然が残り、ナガボナツハゼやキキョウ、オミナエシ、キンランなどの希少種が多数見られます。
絶滅が心配される生物を観察するだけにとどまらず、地域の自然の価値を知り、どうやったら「希少」でなくすることができるのか、その方法をみんなで考えます。

※このプロジェクトは「Save Japanプロジェクト」の一環で、浜松市のNPO「縄文楽校」、日本NPOセンター、損保ジャパン日本興亜との協働事業で行います。
公式サイトは、http://savejapan-pj.net/sj2014/shizuoka/

イベント一覧

第1回 里山のいのちのつながりを学ぼう

日時 2014年7月26日(土) 9:00~12:00
集合場所 縄文楽校 田んぼ(浜松市浜北区内野4764のあたり)
対象 小学生とその家族
費用 無料
持ち物 筆記用具、メモ帳、タオル、水筒、軍手、虫よけ、帽子、長袖、長ズボン(肌を出さない服装で)、長靴、着替え、雨が降りそうなときはカッパ、あればタモなどの採集用具
レポート Save Japanプロジェクト公式サイト
N-Pocketブログ

第2回 いにしえからの草花を愛で、お月見を楽しもう

日時 2014年9月6日(土)17:00-19:30
場所 「ききょうの園」(浜松市北区三幸町)
対象 小学生以上
費用 無料
持ち物 筆記用具、メモ帳、虫よけ、動きやすい服装・運動靴。
レポート Save Japanプロジェクト公式サイト
N-Pocketブログ

実施団体:特定非営利活動法人 縄文楽校
協働団体:特定非営利活動法人 浜松NPOネットワークセンター、認定特定非営利活動法人 日本NPOセンター
協賛:損害保険ジャパン日本興亜株式会社