特定非営利活動法人浜松NPOネットワークセンター

N-pocket活動検索

キーワード一覧


新年交流会「行革審でみえてきたこと」

様々な方の交流の機会として、恒例の新年会。
浜松地域の市民活動を元気で実りあるものにしていくために、分野を越えて多様な団体や人々と活動や情報を交換しました。

日時 2006年1月29日(日) 10時半~14時
会場 浜松市まちづくりセンター 2階研修室

第一部:まじめに!「総合計画」と「行政改革審議会」

reform20061

2006年度は、新浜松市の「都市経営の基本方針」となる総合計画を策定する重要な年。策定委員会とE区の地域会議に、N-Pocketから二人が参加しているので、策定のプロセスと市民参加の仕組みを紹介しながら、皆さんの意見が計画に反映されるよう知恵を出し合いました。

新浜松市が政令市に移行するうえで、健全な財政体質が要求される為、鈴木修氏を会長に「行政改革審議会」が条例で設置され、8月から100時間以上かけて「税金の使われ方」について精査してきました。山口が一員として参加していたので、現状を知っていただき、将来にわたって安心できる財政のあり方について意見交換しました。

■総合計画とは

福祉・環境・子育てに対して意見を持っている方、活動をしている皆様に

浜松市は、行政だけではなく「市民・市民活動団体・事業者」の参加を得て、今後8年間の「都市経営理念・都市の将来像・施策の方向」を「新総合計画」としてまとめるという、今までに無い画期的な姿勢を表明しています。

また財政計画(予算)は総合計画を基礎に配分されることになっていますので、市民生活に関わる重要な課題が、総合計画に「文言」として記載されることがきわめて重要です。

「行政改革審議会」の役割は? 財政の実態は?

合併して新浜松市が誕生しましたが、最終目的である「政令指定都市」に自動的にはなれるわけではありません。健全な財政運営を行なえる体質があるかどうかが判断されるため、合併協議会の合意により行革審が条例により設けられ、現在まで100時間をかけて審議してきました。

審議の対象は「外郭団体」「職員給与・定数」を含む市政全般ですが、今回は主に特別会計と一般会計の関係、外郭団体に焦点を当てて報告いたします。特別会計には驚くべき実態があります。

市民団体やNPOが、事業に参加するチャンスとも思える事例もあります。

持続可能な財政運営のために、市民の視点から税金の使い方を提案するチャンスでもあります。

第二部:楽しく!「ランチ交流会」

参加者全員で4つの質問ゲームを楽しみました。意外な人と共通項があったりして、、、、。

参加者全員で4つの質問ゲームを楽しみました。意外な人と共通項があったりして、、、、。

SWEETSのおいしい料理やお菓子を楽しみながら、それぞれの活動紹介やアピールで、2006年の夢を語りました。