特定非営利活動法人浜松NPOネットワークセンター

N-pocket活動検索

キーワード一覧


公開質問状の回答 小沢明美議員

1.太田川の水質について

(1)ウ)その他

浜松市上下水道部の資料によれば、大腸菌は平成16年8月3日調査で天竜川の約17倍となっている。また平成16年9月30日の調査では天竜川平成15年度平均と比較して11.5倍となっている。細菌類は浄水過程で滅菌、除去できると言われているが、専門家でないので詳しいことはわからない。

(2)ア)理由は知らない

2.井戸の確保について

(1)イ)重要である。

その理由 東海大地震などの災害に備えるためにも、井戸の確保は重要なことと考える。

(2)ウ)現在稼動している井戸からの取水を一部取り止めるが、渇水を含む緊急時には利用できるようにしておく。

※整備してから長い期間経過して、揚水能力の低下や水質悪化の井戸については、一部廃止を考えていると聞いている。

3.コストについて

(1)イ)知っている
(2)ウ)その他 なるべく最近の数値を用いる方が良いと考える。
(3)ウ)その他 今後、6市町村がこれまでの一日最大使用量のデータを参考にして、同じ日に記録してみてはどうかと考える。
(4)ア)比較検討すべき

※追伸 太田川の諸問題について、浜松市上下水道部との信頼関係を築くためにも話し合いの場を持ったらいかがでしょうか。意見交換を通じてお互いの理解がより深まるものと考えます。