特定非営利活動法人浜松NPOネットワークセンター

N-pocket活動検索

キーワード一覧


浜松市民活動フォーラム開催事業

2011年度、浜松市市民協働推進課の委託事業として、浜松市内の市民活動団体などの実態調査とその分析、情報提供など、多様な主体が公共を担い、協働して豊かな地域社会を創造するための事業を1年かけて実施しました。
また、市民活動団体や社会的企業等が情報交換や交流を通じて課題を共有し、課題解決のための手法等を議論する場としての市民フォーラムを開催しました。

事業内容

1.市内の市民活動団体や社会的企業に関する情報収集

NPO法人176団体、任意団体100、企業・一般社団法人約100に対して、基本的に直接訪問して活動内容、課題などをヒアリングしました。


2.Webサイト「はままつ市民の力きらきらBOX」公開

上記のヒアリングで得られた情報を多くの人と共有し、市民活動や社会貢献への参加や理解を促進するために、検索機能により一元的に取得できる形の浜松市民活動団体紹介サイト「はままつ市民の力 きらきらBOX」を作成しました。


3.市内のNPO法人に関する活動状況報告

NPO法人の20年度から22年度までの公開されている事業報告書、決算書から必要データを取り出し、報告書ではつかめない会員数や雇用状況などは直接聞き取って、データ化・分析を行いました。


4.協働事業を評価するための関係者ヒアリング・事例の収集

NPO法人5団体7事例に対して、協働の視点でより詳細に聞き取りました。


5.NPO法人の活動紹介ビデオの作成

NPO法人、プロボノ実践者3名の活動紹介をしました。


6.NPO法人の活動紹介とボランティア募集のパネルの作成

魅力あるNPO法人20団体の活動を「食ボラ」「汗ボラ」「技ボラ」の視点で再度聞き取り、静岡文芸大デザイン学部の大学生に作成を依頼しました。


7.市民活動現場視察の実施

11/25(金)10:00-16:00 参加者:実行委員5名、スタッフ8名(部分傍聴4名)
(株)京丸園しずおかユニバーサル園芸ネットワークシーンボイス浜松を現場に出向いて視察しました。


8.市民活動フォーラム実行委員会の設置・開催

NPO関係者、企業関係者、学校関係者、行政職員の計11名に事業に関するアドバイスや情報提供の協力を依頼しました。8回開催。


9.「はままつ市民の力きらきらフォーラム~はじめる 社会をデザインする暮らし~」開催

日時 2012年2月26日(日)10:00-16:00
会場 アクトシティ浜松 コングレスセンター3階/5階
参加者 午前235名、午後136名 実数約280名
当日スタッフ 25名(学生ボランティア10名含む)
プログラム: *午前の部
主催者挨拶:浜松市副市長 山崎 泰啓氏
基調講演:内橋 克人氏 「地域主権と市民の役割」
「はままつ市民の力」オープニングビデオ、調査報告、
プロボノ紹介:浜松NPOネットワークセンター 代表理事 井ノ上 美津恵
*午後の部
分科会 参加のしくみづくり:

  1. 第1分科会 「みんなが喜ぶお金のめぐり」
  2. 第2分科会 「今どき ボランティアのかたち」
  3. 第3分科会 「企業とNPOのうれしいコラボ」

*ホール展示

  1. ホームページ開設公開「はままつ市民の力 きらきらBOX」
  2. パネル展示
    「参加のしくみづくり 食ボラ、汗ボラ、技ボラ」
    協力者:静岡文化芸術大学有志学生
  3. 食べボラブースの設置
    協力団体:地域生活応援団あくしす、トータルケアセンター、ドリーム・フィールド