特定非営利活動法人浜松NPOネットワークセンター

N-pocket活動検索

キーワード一覧


ためタル君&どんぐりの森プロジェクト

あふれた水も集めて利用します

あふれた水も集めて利用します

2003年にひきつづき、長上知久を洪水から守るために、ふるさとの川、安間川をよみがえらせるために、長上地区、安間流域限定で、雨水貯留マス「ためタル君」の設置を50件募集します。また、洪水軽減のために、さらに威力を増す雨水浸透マスの試作と植樹の計画もあります。

局地的な集中豪雨は、もはや他人事ではありません。行政の治水事業に加えて、地域でできることを実践しましょう。

治水対策として、雨水を各戸で貯めて、安間川へ短時間で水が集中しないよう、流入の時間差をつくろう!

自然再生の一歩として、貯まった雨水を庭木の水やりに再利用して大地に還し、地下水を保存しよう!

■設置サイズと個数

ウィスキー樽(180リットル カナダ産ホワイトオーク材) 50個
奥行70cm、高さ90cm(台座含む)のスペースが必要です。
木として100年以上、樽として50年、大事にすればこの先数十年もつそうです。

■対象範囲および基準

  • 安間川流域および周辺地域(上石田・下石田・市野3町・天王3町)
  • 貯めた雨水の有効な活用手段がある場所 例)庭木・花の水やり
  • 集水スペース25平米以上の場所(ためタル君の設置を希望する樋に注ぐ雨水が、どれくらいの広さから集まるか、樋のつながっている屋根の面積を出してみてください)

■用意していただいたもの

  • ブロック等の台座
  • ためタル君ネット支援費3,500円(来年度以降の雨水マス増設資金として)

■協力していただいたこと

  • 使用状況について必要に応じてアンケート回答
  • 第3回ながかみ水会議への出席 2005年4月2日(土) 13:30~ 下石田公会堂(延期になりました。また後日連絡します)
  • 設置には近隣の応募3~5戸が日程を調整してグループを組み、互いの家を行き来して協力しあいます。(2~3時間を予定)
  • 地質とスペースによって可能であれば、A.簡易浸透マスの設置、B.浸透トレンチの設置、C.ドングリの苗植樹のいずれかをお願いします

■応募方法

別紙の申込用紙に必要事項をご記入のうえ、自治会長にお渡しください。
問い合わせ:053-459-1558 浜松NPOネットワークセンター(担当:木下)
申込書提出 〆切:2005年3月25日(金)
応募多数の場合は、洪水抑制効果のある場所を優先させていただきます。


雨水貯留マスの効用

  • 川や下水処理の負担軽減→洪水防止
  • 地下水の保全
  • 上水道の負担軽減→水道代の節約
  • 防火用水・災害時の水資源