特定非営利活動法人浜松NPOネットワークセンター

N-pocket活動検索

キーワード一覧


昆虫食倶楽部

とって食べる 外来種編

バナー

人の移動や活動に伴って、本来の生息域とは違う地域にやってきた外来種。その中の一部の種類が、生態系に侵略的な影響を与えています。
公園や水辺で頻繁に見かけるミシシッピアカミミガメは、全国に800万匹!これだけ増えた原因は「人」。本来罪のない生き物たちを駆除しなくてはならないならば、せめて活用できないだろうか…?

そこで、効果的な捕獲方法、ストレスの少ない簡単な解体・精肉方法、安全で美味しく食べられるレシピを開発します。また、生物多様性や外来種問題に関するシンポジウムで、最新の知識と普及啓発をはかります。

※このプロジェクトは「Save Japanプロジェクト」の一環で、浜松市の任意団体「昆虫食倶楽部」、日本NPOセンター、損保ジャパン日本興亜との協働事業で行います。
公式サイトは、http://savejapan-pj.net/sj2016/shizuoka/

イベント一覧

外来種シンポジウム「外来種は悪者なの? 生物多様性って何?」

東京の公園緑地でアカミミガメ問題に取り組んできたNPO法人生態工房の片岡友美さんをお招きし、アカミミガメを中心とした外来種の課題や防除の取り組みについてお話いただきます。

日時 2017年5月28日(日)13:30~15:30
集合場所 静岡大学浜松キャンパス 佐鳴会館(浜松市中区城北3-5-1)
対象 一般 ※中学生以上ですが、関心があればどなたでも。
費用 無料
参加者 84名+スタッフ6名
レポート Save Japanプロジェクト公式サイト
昆虫食倶楽部 ブログ

ミシシッピアカミミガメを捕獲・解剖してみよう

行政の許可を得たトラップで、外来種のミシシッピアカミミガメを捕獲し、解剖します。
どんな捕獲方法が有効で、 どんな大きさのカメがいて、何を食べているのか、その生態について調べます。

日時 2017年06月18日(日)9:00~16:00
※悪天の場合、6月24日(土)に順延します。
場所 佐鳴湖周辺、市内の会場(集合場所は参加者にお知らせします)
対象 子ども~一般(小3以下のお子さんは保護者同伴でお願いします)
費用 大人:1000円、小中学生:500円、未就学児:無料
持ち物 長靴、帽子、飲み物、お弁当、タオル、(必要に応じて)着替え、タモ網など
参加者 31名(大人21名、子ども10名)+スタッフ5名
レポート Save Japanプロジェクト公式サイト
昆虫食倶楽部 ブログ

外来種をとって食べる

佐鳴湖周辺に生息するウシガエル(特定外来種)やアメリカザリガニを捕まえ、安全に調理していただきます。6月にとったカメ肉もいただきます。

日時 2017年07月22日(土)9:00~15:00
※悪天の場合、7月30日(日)に順延します。
場所 佐鳴湖周辺、市内の協働センター(集合場所は参加者にお知らせします)
対象 子ども~一般(小3以下のお子さんは保護者同伴でお願いします)
費用 大人:1000円、小中学生:500円、未就学児:無料
持ち物 長靴、帽子、飲み物、お弁当、タオル、(必要に応じて)着替え、タモ網など
参加者 35名(大人20名、子ども15名)+スタッフ5名
レポート Save Japanプロジェクト公式サイト
昆虫食倶楽部 ブログ

実施団体:昆虫食倶楽部
協働団体:認定NPO法人 浜松NPOネットワークセンター
共催:静岡大学アメニティ佐鳴湖プロジェクト
協力:浜松市環境政策課、認定NPO法人 日本NPOセンター
協賛:損害保険ジャパン日本興亜株式会社